東京2020を観るなら、このテレビが正解! パナソニックの『4Kビエラ』があれば、家族団らんの時間がもっと楽しくなる

日本でテレビのカラー放送が始まったのは1960年9月10日のこと。当時はカラーテレビが非常に高価で、カラー放送に対応する番組が少なかったこともあり、本格的に普及したのは1964年の東京オリンピックがきっかけだったのだとか。

あれ、なんだかこの話にデジャヴを感じるような……。そうだ、2018年12月1日から開始された新4K衛星放送も似たような状況だ! 今は対応するコンテンツ数の少なさが指摘されているけれど、2020年の東京オリンピックに向けて市場が盛り上がるのは間違いないだろう。

そんな東京2020オリンピック・パラリンピック公式テレビに認定されたBS4K・110度CS4Kチューナー内蔵の液晶テレビ『4Kビエラ』が、パナソニックから発売される。ラインナップは『GX850』シリーズ4機種、『GX750』シリーズ2機種となっている。発売日は2019年1月25日、『GX850』43V型のみ2019年2月22日。

各シリーズのサイズ展開と市場想定売価は以下の通り。
『GX850』:65V型(33万円前後)、55V型(25万円前後)、49V型(19万円前後)、43V型(17万円前後)
『GX750』:49V型(16万円前後)、43V型(14万円前後)

地上波放送からオリンピックまで最高の映像で視聴する

長年オリンピック・パラリンピックの映像機器を支えてきたパナソニックが、東京2020を美しい映像で観てもらいたいという思いで開発した本製品。特に上位モデルとなる『GX850』には、映像・音響・日本の住環境に適した仕様の3つの特長がある。