必見! 普段は脇役の「ポテサラ」を主役級に変身させるレシピ【スキレットで始める男メシ:第31回 ポテサラのベーコンチーズ焼き】

キャンプの定番道具「スキレット」は、鉄製の厚手のフライパン。本連載では、スキレットを使った手軽に作れる男メシをお教えしよう。第31回は「ポテサラのベーコンチーズ焼き」を紹介する。

コンビニのポテサラをおつまみメニューにアレンジ

最近のコンビニの惣菜コーナーの充実ぶりには驚かされる。手軽に食べられるのはもちろん、味のクオリティも申し分ない。そんなコンビニ惣菜のなかでも、「ポテトサラダ」は名脇役だと思う。コンビニのポテサラを主役級のおつまみにできないものか。そう考えて行き着いたのが、今回紹介する「ポテサラのベーコンチーズ焼き」だ。

用意する材料はこちら。

・ポテトサラダ 2袋
・とけるチーズ 2枚
・ベーコン 50g
・バター 10g
・ブラックペッパー 適量

今回はセブン-イレブンの「北海道男爵いものポテトサラダ」を使った。また、ベーコンはちょっと贅沢感を出すために「ベーコン切り落とし」を用意。とけるチーズもバターもコンビニに売っているし、ブラックペッパーさえ家にあれば、すべてコンビニで材料が揃う。

バターを使えばポテサラがより濃厚な味わいに

まずはスキレットを強火で温め、バターを溶かす。バターが溶けたらベーコンを炒める。

ある程度火が通ったら一旦お皿に上げて、スキレットの火を消す。予熱が残ったスキレットにポテトサラダを平らに入れ、その上にベーコンを載せる。このとき、ベーコンの一部は残しておこう。

その上にとけるチーズを並べ、残しておいたベーコンをトッピング。

ここまでできれば、あとはオーブントースターもしくは魚焼きグリルで焼き上げるだけでいい。今回は魚焼きグリルを使用したので、チーズが焦げすぎないようにアルミホイルでフタをして5分加熱し、アルミホイルを外してから2分加熱した。仕上げにブラックペッパーをたっぷりかければ完成だ。

焼き立てはチーズがとろーんと伸びて、かなり食欲をそそるビジュアル! いつもなら冷たいまま食べるポテトサラダも、ほんわか暖かくてじゃがいものほくほく感が際立ち、寒いこの季節にぴったりの食べ方だ。また、ポテサラ自体にはバターの風味がしっかり感じられ、ベーコンと一緒に食べると贅沢な味がする。

普段はそのまま食べていたポテサラにちょっとひと手間加えるだけで、コンビニで買ったとはほかの人に気付かれないようなひと品へと大変身。ワインやビールと一緒に楽しんでみてほしい。