ジェットヘルメットとマフラーをまとって乗り込みたい。ホンダ『S660』がグッドオールディーズなレーサーに変貌!

ホンダ『ビート』の再来としてまたたくまに人気となった『S660』。2018年8月には往年の名車『S800』や『S600』からインスパイアを得たボディキット『S660 Neo Classic』を発売し、ファンを喜ばせたことは記憶に新しい。

そんな『S660』が持つクラシックな外観とスポーティなイメージを加速させたのが、ホンダアクセスの『Modulo Neo Classic Racer』だ。

東京オートサロン2019会場でお披露目されたこのコンセプトカーは『S660 Neo Classic』をベースにヘッドライトカバーやオーバーフェンダー、フロントスポイラーなどレーシーなエアロパーツを装着し、丸目でかわいかったネオクラシックのイメージからクールなイメージにガラリと変えている。

形はぜんぜん違うけれど、どことなく「マッハ号」のカッコよさに通じているような気がするのは筆者だけだろうか。ジェットヘルメットにマフラーをつけて乗り込みたくなってくる。

『S660』ではソフトトップだったが、こちらはハードトップにロールケージを組み合わせた本気レーサーを思わせる仕様。あえて全高を上げて、フロントからの風をいったん上方へ受け流し、リアスポイラーへ導くといった、エアロダイナミクスを意識したデザインになっている。ちなみにリアウィンドウにあたる部分はアクリル製のカバーで、よく見ると「H」マークが描かれている。さりげない遊び心がまた魅力をアップさせている。

リアに目を移すと、全体を覆うようなウィングにエンジン冷却効率のよさそうなバックパネルにリアバンパーとカスタム感満点。二本出しマフラーに至ってはバックパネルに一体化する形で収められており、まるでゾンダやマクラーレンなど高級スポーツカーのようだ。

ちなみに市販化は未定とのこと。とはいえ、『S660 Neo Classic』がオートサロン2016での反響を受けて販売されたことを考えると、いつか実現する日がくるかもしれない。欲しいと感じたら、熱烈なファンメールをホンダアクセスに送り続けるべし!

関連サイト

東京オートサロン2019 – Honda