Apple製品がおトクに買える「新学期を始めよう」キャンペーン、実は一部の大人も対象【とれたてApple最旬情報:春のキャンペーン編】

本連載では、Appleの最新情報を噛み砕いて解説する。第23回は2019年2月6日から4月3日まで実施されている「新学期を始めよう」キャンペーンについて紹介したい。

Appleが学生向けのキャンペーンを実施している。このキャンペーンは、MacやiPad Proなど、対象となるApple製品を購入すると、「Apple Storeギフトカード」がもらえるというもの。

公式サイトの表記によれば、Macを購入すると最大1万8000円分、iPad Proを購入すると最大1万2000円分の同ギフトカードがもらえる。

また、一部アクセサリも割引価格で購入可能だ。例えばApple Pencil(第2世代)ならば、通常1万4500円(税別)のところを1万3400円(税別)で入手できる。

さらに、製品保証期間が延長され、過失や事故による損傷の修理サービスも割安に受けられるようになる保証プラン「AppleCare+」も20%オフになる。金額は製品によって異なるが、『13インチMacBook Pro』なら2万640円(税別)になるので、20%オフなら税込換算で4458円分くらいお得になる計算だ。どうせ購入するのならば、この機を逃すのは勿体ない。

一部の大人も対象に

キャンペーンの主な対象となるのは、大学、高等専門学校、専門学校の学生、およびこれらの教育機関進学が決定している生徒。それと大学受験予備校に在籍している学生も対象となる。新学期に備えてMacBook AirやMacBook Pro、iPad Proを購入する学生には、まさにうってつけのキャンペーンである。

そしてここでは、小中高大専門学校の教職員、PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した大人もキャンペーン対象になる点に注目したい。学校の先生や、子供を持つご家庭であれば必ず確認しておきたいところだ。

購入するならお早めに

本キャンペーンでもらえるギフトカードの上限は、対象製品カテゴリにつき最大2枚まで。ただし、ギフトカードの在庫がなくなり次第終了となる。

都内某店舗で確認したところ、本記事の執筆時点(2月21日昼)ではまだ終了にはなっておらず、在庫には余裕があるとのことだった。とはいえ、購入を検討している人は、キャンペーン終了間際の駆け込みにならないように、早めに動いておくと安心だ。

本キャンペーンが適用されるのは、Apple Storeでの購入、公式サイトでの購入、または0120-994-994への電話での購入に限られる。他の手段で購入する際には適用外となるので気をつけたい。

また、整備済製品の購入などは同キャンペーンの対象外。購入手続き完了後に申し込むこともできないので注意しよう。

関連サイト

「新学期を始めよう」キャンペーン – 学生割引 – 教育 – Apple(日本)