ボルトオンでジープ『ラングラー』が車中泊仕様に!お手軽ポップアップルーフキットが今夏発売予定

70年以上の歴史をもち、クロスカントリー車の元祖ともいえるジープの人気車種『ラングラー』。悪路、急坂、不整地など、あらゆる場所を乗り越える走破性と質実剛健なボディを兼ね備えた、オフローダーなら一度は乗りたい憧れのモデルだ。

そんな『ラングラー』を簡単に車中泊仕様に改造するキットがこのほど登場した。それがRVランドのポップアップルーフキット『Trip top』である。

一般的なポップアップルーフは大掛かりな加工が必要だが、こちらはノーマルルーフとポップアップルーフを載せ替えるだけのカンタン仕様。大掛かりな加工が必要なくボルトオンでいけるので、工賃がかなり安く抑えられるそう。畳んだ時の形状もベース車のシルエットを保つようにデザインされていてポイントが高い。

それにしても、一見しただけではどこからアクセスしていいのかわからない。リアゲートから車内をのぞいてみても、ルーフへの入り口がわからない。車外にハシゴもないし、どう入るのか謎だ……。

その答えは運転席にあった。もともとあるサンルーフの開閉を使って、ルーフ内へと入れる構造になっているのだ。サンルーフが装備されたグレードは限られるものの、元からある機構を活かしてコストダウンを実現しているのは実に心憎い。

発売は2019年夏ごろを予定しており、価格は50~60万円程度になるとのこと。通常のポップアップルーフは加工に80~100万円程度かかることを考えると、かなりリーズナブルだ。付け替えも難しくはないそうなので、一つ購入しておいて損はないかも。『ラングラー』の使い道が広がること請け合いだ。

関連サイト

RVランド