履くだけで筋肉が鍛えられるシューズ? メレル『TRAIL GLOVE 5』を意識低い系健康派が1カ月間履いてみた!

世間では日々新しいダイエット術が誕生し、更新され、溢れかえっている。スーパーの食料品売り場から納豆やバナナが姿を消したのは、かれこれ10年以上前の話。人類とお腹周りの脂肪との戦いは、どうやらまだ決着がつかなそうだ。

アウトドアブランド「MERRELL(メレル)」の「TRAIL GLOVE」シリーズは、なんと“履くだけで筋肉が鍛えられる”という画期的なトレーニングシューズ。今回は、2019年2月中旬に登場したシリーズ最新作『TRAIL GLOVE 5(トレイル グローブ 5)』を発売前にお借りして1か月間試してみた。

『TRAIL GLOVE 5』の最大の特長は、前足部とかかと部の高低差が0mmである「ベアフット構造」を採用していること。つまり、靴を履きながら裸足で歩いているような感覚が味わえるというわけだ。

ベアフットシューズを履くことで自然とつま先から着地するようになり、普段使わない筋肉を鍛えられるようになる。さらにそうした歩き方を身に着けることで、足裏が本来備えていた筋力やアーチ構造を取り戻し、ケガのしにくい足腰を作ることができると言われている。

実際に試してみると、普段のスニーカーとはまったく違う履き心地に驚きながらも、歩き続けるうちに違和感はなくなった。まったく裸足と同じ感覚とまでは言えないが、身体が自然体に近いように感じるし、なんだか快適だ。

1か月間試した正直な感想として、筋肉量が増えた実感はないが、健康な身体に近づいた気がする。特に『TRAIL GLOVE 5』を履いてランニングしたときは、しっかりと足裏で地面を捉えることができ、トレイルランニングに繰り出したくなった。

『TRAIL GLOVE 5』のその他の特長には、柔軟性と耐摩耗性に優れたアウトソール「Vibram TC5 +」を採用、さまざまなロード環境でも足を保護する「トレイルプロテクトパッド」をミッドソールに内蔵、着地時の安定性を高めるTPUでアッパーやヒールカウンターを補強している点などが挙げられる。

カラーバリエーションは、「BLACK」・「HIGH RISE」・「OLIVE DRAB / BELUGA」の3種類。街中で履いて筋肉を鍛えるのもいいし、ランニングにだって対応できる『TRAIL GLOVE 5』。無数にあるダイエット術を追うより、どんなに面倒でもすぐに行動してしまったほうが精神的にもラクなんじゃないかな?

関連サイト

MERRELL