高性能CPU&メモリ8GB以上。お値打ちPCはコレを選べば失敗しない【安くて良いモノ厳選50】

単純な安さではなくコストパフォーマンス重視

数万円のPCは確かに安いが性能が低いため、大きなファイルを開くと止まってしまったり、ソフトが動いても動作が重く、使い物にならないといった罠がある。

もちろん、SNSやメール、Webブラウザ利用といった軽い用途なら問題ないが、それならPCよりもスマートフォンやタブレットのほうが向いている。わざわざPCを選ぶのであれば、PC用のソフトが満足に動かなければ意味がない。必要な性能を満たしつつ、それでいて値ごろ感のあるものこそが「安くて良いモノ」といえるだろう。

こういったPC選びで最重要となるのが、CPUとメモリ容量。とくにCPUは後から交換が難しいだけに、「Core」や「Ryzen」といった高性能なモデルを選んでおきたい。また、メモリ不足はパフォーマンスが低下するため、8GB以上は欲しいところだ。この2つを押さえた後で、液晶やストレージなどをチェックしていこう。

No.1
話しかけて操作できるスマートディスプレイ

レノボ
Lenovo Smart Tab P10 with Amazon Alexa
直販価格:3万2270円(クーポン適用時/送料込み)

Alexaを搭載した10.1型タブレット。基本的にはアプリや各種コンテンツを大きな画面で楽しめるAndroidタブレットだが、スピーカーを内蔵したドックに取り付ければ、Alexaが使えるスマートディスプレイに変身。話しかけるだけで、天気などの情報表示やスマート家電の操作などが可能になる。タブレットをさらに便利に使えるのが魅力だ。

ドックとタブレットの接続はBluetooth。内蔵スピーカーは3Wと出力が大きく、迫力あるサウンドが楽しめる。

No.2
タッチ操作にも対応する2 in 1がこの価格で!!

HP
HP ENVY x360 13-ag0000 スタンダードモデル(Ryzen 5 モデル)
直販価格:9万1800円(キャンペーン時)

液晶が360度回転し、タブレットとしても使える2 in 1。アルミ削り出しのボディにダマスカス鋼模様が施され、デザイン性にも優れている。CPUはRyzen 5 2500U、8GBメモリ、256GBのSSDを搭載。13.3型ディスプレイはタッチ操作にも対応する。1920×1080ドットと解像度も十分だ。別売ペンを使えば手書き入力にも対応する。

No.3

NEC
LAVIE Note Mobile(NM550/MA)
実勢価格:15万1380円

12.5型(1920×1080ドット)ながら約910gの軽量モバイルノート。さらに約11.5時間のバッテリー駆動、150kgfの面加圧に耐えられる耐久性、静かなタイピング音など、屋外でも快適に利用できるよう工夫されている。CPUはCore i5-8200Y、メモリは8GB、256GB SSD(SATA)。

No.4

レノボ
ThinkCentre M715q Tiny:パフォーマンス
直販価格:6万7392円(クーポン適用時/送料込み)

コンパクトなボディに、Ryzen 5 PRO 2400GE、8GBメモリ、256GB SSDを搭載した小型デスクトップ。ノートのようにバッテリー駆動はできないが、大型液晶と組み合わせ、好みの環境を構築できるのが魅力だ。細かなスペックのカスタマイズが可能な点が◎。

No.5
2種類のストレージまで内蔵した実力重視の高性能ノート

パソコン工房
STYLE-14FH055-i7-UHSVI [Windows 10 Home]
直販価格:12万2018円

CPUにCore i7-8565U、8GBメモリ、さらに250GBのSSDと1TBのHDDを搭載するという、充実したスペックが魅力の1台。とくにCPUは4コア8スレッドとデスクトップに近い性能が出せるだけに、動画編集などの重たい作業にも向いている。液晶は14型で、解像度は1920×1080ドットと十分な広さがある。インターフェースも充実し、Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cまで搭載しているのがうれしい。

USB Type-Cは拡張性に優れたThunderbolt 3をサポート。この価格帯のノートPCでは珍しい。
【各ジャンルのプロたちが語る 安くて良いモノ50】

今や、デジモノの世界は「安かろう、良かろう」が合い言葉。きちんと探せば“安くて良いモノ”は必ず見つかるのだ。ここでは、本誌執筆陣が10ジャンル50製品の、今、とりわけ買い得度の高いアイテムを紹介します!!

『デジモノステーション』2019年4月号より抜粋。