大人が砂遊びしたっていいじゃない!「休日は建機ラジコンで土砂作業」がイケてるパパの最新ホビー!?【遊び再デビュー計画】

建機ラジコンで砂山を崩し、地をならす……。
大人げない砂場遊び


誰もが泥んこになりながら夢中で遊んだ公園の聖域……砂場。成長とともに足が遠ざかったものの、子連れで再び訪れる人も多いはず。そんな“砂場の再デビュー”の際、大人買いして持参したいのが幼少の頃に欲しくてたまらなかったであろう、建機のラジコンだ。

スコップで穴を掘ったり泥団子をこしらえたりする息子や娘。その脇でただただボーッと手持ち無沙汰に見守る自分……。子どもと一緒に公園に行く人であれば、一度は経験したことのあるシチュエーションだろう。そんな付き添いに徹する時間を一変させてくれるのが、ここに紹介する防塵設計の建機ラジコンだ。

特にショベルカーとブルドーザーは、金属製のバケットやアームを備え、細部まで作り込まれた“ガチ”な仕様。スコップやシャベルを借りることなく、砂場の中に足を踏み入れることなく、しかも手を汚すこともなく、子どもと一緒に砂場遊びの時間をエンジョイできるのだ。

実際に建機ラジコンを操作してみると、デコボコの砂地を思いどおりに走行させるのも、多量の砂をかき集めるのも、意外にコツがいるのが分かる。

例えば、アームのパワーだけでは持ち上げられない時には、車両ごと後方にバックさせる“テクニック”も必要だ。慣れてくると山を崩したり砂をかき集めたりする“工事”に、黙々と没頭できる。気分転換にピッタリだ。そんなところも、大人向けと言える。集中して時間を忘れるあまり、アッという間にバッテリーが底を尽きてしまうほどだ。

また、クルマのラジコンとは異なり、車両やアームがゆっくりと動くのも◎。子どもならきっと「もっと早く動けー!」と、焦れてしまうだろうが、スローな作動が大人にはちょうどよく、周囲にいる子どもに危害を与える心配も少ない。

だからといって、もちろん砂場が混み合っている時は、節度を持った大人の遊び方が必要。童心に戻って大人げなく遊びたいのであれば、休日の早朝に子どもを連れて一番乗りするのがいいだろう。自分たちだけのフィールド作りを思う存分に楽しむ、素敵な親子の時間を過ごせるに違いない!

GoolRC
HUI NA TOYS NO.1520 ミニ RC ブルドーザー エンジニア車両 トラック 2.4G 6CH
価格:3750円

金属製のバケットによって多量の砂を一気に移動させられる。“地ならし”には不可欠な存在だ。左右にカーブする際には車輪上部のライトが点灯する。電源は専用の充電バッテリーで、付属のUSBユニットでチャージできる。

容赦なく蹴散らす







Dilwe
RCミニエンジニアリング建設車両
価格:1758円

ブルドーザーやショベルカーが集積した土砂の運搬に打ってつけの、小さいダンプカー。リモコン中央のボタンを押せば、荷台がリフトアップして、土砂を下ろせる。専用充電池のチャージはリモコン(単3形乾電池2本使用)から給電する仕組み。

Aning
ショベルカーラジコン掘削機ブルドーザー 2.4GHz 11CH
価格:5990円

アームが2段階で細かく動き、金属製のバケットを狙ったところに振り下ろせる。前方には土砂除けのフロントシャベル付き。電源は専用の充電池で、付属のUSBユニットでチャージできる。ボディの素材はABS樹脂と合金。

世界各国にはびこる建機ラジコンの数寄者たち

海外では “建機ラジコン”がとにかく熱い! ガチな車両を持ち寄って黙々と土砂作業に没頭する強者たちの姿が、ネット上に数多く公開されている。砂場遊びの参考にもなる、胸アツな映像を要チェックだ。

RC Truck Fun & Fun Austria

ショベルカー、ダンプカー、トラックをはじめ、幅広いラジコンの動画を公開中。複数の車両が土砂を下ろすなど、迫力満点の映像は必見だ!

SRS-RC

トラックやホイルローダーの映像が中心。特に、土砂を力強く運ぶブルドーザーの動きは実にリアルで、思わずラジコンで真似したくなるほどだ。

RC LIVE ACTION

工事現場、森林、川辺という、本格的なロケーションで撮影された映像が多い。ラジコン同士の“連携プレイ”など面白動画が充実している。

【アラフォーたちの遊び再デビュー計画】

学生時代はみんな夢中で遊び、趣味を謳歌していた。だが、社会に出て結婚して子供が生まれ、いつの間にか遊びや趣味は、過去に懐かしむものとなる。それが大人になることと頑なに信じて。でも、はたしてそうなのだろうか? パパになったとしても、あの頃の遊びや趣味に夢中になれば当然楽しい。ここではアラフォーパパたちが、無理なくそれらに再デビューする方法を教えます。

『デジモノステーション』2019年4月号より抜粋。