漕いでよし、釣ってよしの優れモノ。「足漕ぎカヤック」で海遊び・川遊びがもっと楽しくなる

カヤックは川や海遊びの代表格だ。細長い船体に足を投げ出して乗り込み、パドルを手に漕ぎ進む。雄大な自然の中をマイペースで進む時間は格別なものがある。

精一杯漕いで目的地を目指すのももちろん楽しいが、たまにはゆったりと水上に浮かぶ時間を楽しんでみてはいかがだろうか。そんなときに楽しめるアクティビティとして釣りが注目を集めている。そう、カヤックに乗りながら釣りを楽しむのだ。

とはいえ、一般的なカヤックだとパドルを手にしている以上、釣竿をもつかパドルをもつかどちらかを選ばなければならなくなる。手を放してパドルが流れてしまったら目も当てられないし、そもそもパドリングに慣れが必要なのもハードルが高い。どうしたものか。

移動しながら釣りもできちゃう

手が使えないなら足を使えばいいじゃない、と誰が思ったか。実は世の中には「足漕ぎカヤック」というものがあるのだ。手がフリーになるので、ロッドを握ったままでもOK。ただ釣り糸を垂らして待つだけでなく、移動しながらポイントを見つける楽しみ方もアリだ。

今回紹介するのは足漕ぎカヤックの最大手HOBIE社の『ミラージュ i11s』というモデル。インフレータブルという空気を注入することで膨らませるタイプなので、折りたたんで運べる。

家で保管するときには思いのほか場所を取られるものだから、折りたためるというのはグッド。一式が丸ごと入っても2、3泊旅行用のキャリーケースくらいの大きさになるので、持ち運びだってラクラク。クルマに専用のキャリアーを装着する必要もない。

中央のシートに腰かけて船体前方のペダルを前後に漕ぐことで、船底のフィンが稼働する。最高時速は10㎞というからかなりのスピードが出る。普通の乗り物としても楽しそう。ちなみに前進と後退はペダル前方の赤と緑のツマミをひくことで切り替えることができる。

このドライブユニットはHOBIE社の特許技術で、事実上「足漕ぎカヤック=HOBIE社のカヤック」といっても過言ではない。チェーンとワイヤーで駆動する様はメカ好きの心をくすぐってくれる。

カヤックフィッシング専用に設計されているので、数々のオプションがつけられるようになっている。ロッドホルダーにクーラーボックス、魚群探知機など、漁船顔負けの装備を満載することもできる。そのいずれもが自分の手の届く範囲にあるので、かえって船より快適に釣りが楽しめるかも。

気になる価格は33万5000円と手漕ぎのカヌーと比べるとかなりの高級品だ。とはいえ、携帯性や機能性などの数々のメリットに加え、“足漕ぎ”という他にはない魅力を一度は試してみたくなる。完全武装で海に繰り出せば、新たな水上の遊びの楽しさに気づけること請け合いだ。

関連サイト

Mirage Infratables
MARINE BOX 100