最高のガレージ作り

車庫ではなく“ガレージ”。ガレージをただクルマを停める場所として使うだけではもったいない。作業スペースを設けて愛車に向き合う。クルマがなければバイクでも自転車でもスケートボードだってOK。車輪がついていればすべてが愛車だ。乗り物に興味がなければアウトドアギアやガーデニング道具でもいいだろう。大事なのはそこに趣味の道具があるということ。ガレージハウスは大切にしているモノをスタイリッシュに決めて、好きなこととじっくり向き合うお父さんのための大事な空間。だからこそ、リビングや書斎以上にカッコよく仕上げたいし、趣味のもの100%にしたい。今月のガレージハウス特集はそんな夢をすでにかなえているプロフェッショナル趣味人が多数登場。クセ以上に個性がスゴい!