高価格には理由がある こだわりの良品ギャラリー

ついつい安いモノを買い求めがちの世の中だが、だからこそ、多くの人が“安物買いの銭失い”をしていないだろうか? そりゃそうだ。世の中そんなに甘くない。安いものは“それなり”であり、やっぱり良いモノが欲しいとなれば、ある程度高価格なものを吟味して買う方が、結果的には長期間使いたくなる良いモノが手に入るのである。当然だが、高いモノは良い素材を使ってちゃんと手間隙かけて作っているから、長く愛したくなるものばかり。高価格は正義である。ここではその理由を実感してもらいたい。